企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」

かなり遅くなりましたが、5月下旬に行ってきた

単位展をレポート。

DSC00891

場所は六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT。

設計を手がけたのは、安藤忠雄。地下一階、地上一階の施設です。

DSC00892

単位展の趣旨はこんなかんじ。

単位をテーマとした本展は、多種多様なモノやコトの中にどのような単位があるのかを知り、実感することによって、モノがつくられたプロセスやデザインに対する考え方、さらには単位が生み出された文化や社会背景を見つめるきっかけとなるでしょう。

単位で遊ぶと世界は楽しくなる。単位を知るとデザインはもっと面白くなる。

単位というフィルターを通して、私たちが普段何気なく過ごしている日常の見方を変え、新たな気づきと創造性をもたらす展覧会です。

DSC00900

身の回りの、時間、重さ、長さなどなどいろいろな単位を体験できました。

ひとりでまわったので、体を動かして体験出来るコーナーはちょっぴり恥ずかしかったですが、

仕事終わりのシングルの人も多かったので、思う存分楽しんできました。

DSC00896

おもしろかった展示はこれ。↑。

センサーの上で両手をりんごを包みこむイメージして構えてみる。

その手の大きさで1番近いのはりんごか、ボールか、だまか・・・等

センサーが検知した1番近い物をモニターに表示する。と言うものです。

(説明へた〜)

 

DSC00906

↑なんともいえない気分になりましたw

DSC00923

無印とコラボの展示も有り、綺麗に物が陳列された様は、とっても気持ちいい。

IMG_5773

おみやげに手ぬぐいを買いました。

この手ぬぐい欲しさに、実は展示を見に行きました。

写真撮影OKな展示だったし、とっても自由な雰囲気でラフな気分でまわれました。

入場券もメジャーの形をしていて、おもしろかったです。

http://www.2121designsight.jp/program/measuring/

では!

 

 

The following two tabs change content below.

シエリ

東京でバリキャリのキャリアコンサルタントから一転、田舎に移住して1年半生活。その後、再び東京にて、ゆるキャリとしてゆるやかにON/OFFのメリハリをつけて働いて、休みは好きなことをして暮らす人生を選ぶ。ハンドメイド作家としてもゆるやかに活動中です。

最新記事 by シエリ (全て見る)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本ブログ村

Archive

最近のコメント

ページ上部へ戻る